エルメスのスカーフ

私の唯一のブランド品、
かつての職場の先輩は、
おしゃれなブランド派。
真似て買ったが、
今となってはタンスの肥やし。

学校行事に、
ユニクロの白のニット、ワイドパンツ。
新品だが、何にも特徴のないデザインだ。
今年はスカーフが流行っていると聞く。

ちゃんとしたスカーフ、あったっけ、
と何十年ぶりかに、
引っ張り出してつけたら、
あら、小さな穴が開いてる。
やっぱり上質なシルクは虫の好物みたい。

穴が見えないように、
ネットで巻き方を見て、つけてみると、
とっても顔映りの良い色合いになった。
成功。

これでばっちり、と思ったが、
スカーフにより、格が上がり過ぎて、
パンツスタイルの足元が、
いつものスニーカーでは決まらない。

どうしたって、ヒールか、ローファーか。
スニーカー自体が流行で、着崩す、
というスタイルも最近は流行っているが、
私のようなオバサン、おしゃれでない人がやると、
ただのとんちんかん。

悲しいが、ヒールの靴がない、ってことで、
スカーフは撤去。
良く考えるとバックも釣り合うものがない。
OL時代のものは大きすぎ。
今の手持ちのものはカジュアルすぎる。

スカーフというアクセントがなくなったので、
大きめのピアスをした。

白髪を隠そうと、
これまた流行っているヘアバンドをつけてみたら、
大げさ。すんごく似合わない。
黒のべロア素材が、
逆に白髪を目立たせる結果となった。
ダウンスタイルにしよう、と丁寧にブローしてみたが、
髪の毛に艶はなく。
いつものように髪の毛をひっつめて終了。

学校行事という特別感のある時に、
ちゃんとした格好をしようとしたら、これだ。
まあいいや、
うちの学校の母親は無頓着な人が多いので、
決めすぎるのも、浮きかねない。

派手すぎて悪目立ちしてもダメ、
ダサすぎてもダメ。
思春期の子どもに恥をかかせない程度に、
めかしこむことの難しさ。

スポンサーサイト

少しの晴れ間に

連日の雨、室内干しで、
厚手の服が乾かない。
乾燥機を回したが、
タオルはともかく、
パジャマをガンガン乾燥して大丈夫?

今日は休日の晴れ、
夜にはまた小さな雨マークがついていた。
この間に洗濯をやれるだけやろう。

リビングに洗濯物をぶら下げたくなくて、
室内干しはもっぱら、寝室。
湿っぽい。
先週から夫が夜勤でシーツが洗えてない。
この間に洗っちゃおう。

急に暑くなった日があって、
復活した夏物の服は、片付けていいよね?

服は一見、たくさんあるように見えて、
着られるものが少ない。
季節代わりの時期はなおさら。

家族の服だと処分もできず悩む。
娘の下着もくたびれている。
夏服も、同じものばかり着ていたから、
かなり傷んでいるが、
来年服買ってきても、
着てくれるかどうかわからないので、
処分を保留。

この子、新品の衣類の匂いが嫌いと言って、
新しいものを着たがらない。
きつい下着も苦手、
だから、生地やゴムが伸びきったよれよれ、
ボロボロの服を着続ける。
せっかく新しいものを買ってきても喜ばない。
本当に嫌になる。
こんなくだらないことで憤る母親なんかいるんだろうか。

断捨離のルールでは、
人のものを勝手に捨てない、
とあるが、この場合、
無視するしかないのでは?
新品を増やして、
強制的に、ダメなものは捨てる。
新しい服が回らない。
太って着られなくなった服や下着は、
潔く捨てる。


冷えますね

グッと冷え込んだ一日、
レジに立っていたら、腹痛。

便秘だったから、この激痛で出る?
と思っても、出ないんだこれが。
陣痛みたいに、
痛みが強くなったり、おさまったり。

季節早すぎない?と思ったけど、
足元のヒーターをつけさせてもらった。
腹痛は何とかおさまる。
冷えが原因だったのかな。

快便だったら、この痛みはなかった?
私の便秘って、
腸ヨガとかストレッチをしても、
なかなか治らない。
出ても、スッキリって感覚がない。

図書館でまたヨガの本を借りてきた。

和みのヨーガ ガンダーリ松本著

ずぼらヨガ、ヨガ友で覚えたヨガの極意?
私が思ったことがそのまま書かれていた。
無理しない、嫌なら、飽きたらやめる。
ゆるゆるなルール。

一応この本では静かな集中できる場所でやること、
と書かれていたが、
いつもテレビを見ながら、夕飯後、
ワインを飲みながらの、
ながらヨガになってしまったことは、
許してもらえるだろう。

ヨガのポーズより、
リンパを流すマッサージがメインなこの本、
手当て、と呼ばれる手順が複雑で、
覚えられないが、(私の記憶力が問題)
一通りやると、寝る頃には手足がポカポカ、
温まってくる。

かたくなったカラダをゆるめる、
とサブタイトルがついていたが、
本当、ヨガってそういうもの。

普段の生活で、
勝手に無意識に、
ガチガチに力んでいた自分に気づく。

子どもの出産の時に、
私はヒーヒーフーのラマーズ法でなく
リーブ法、という方法を教えてもらったのだが、
その時の教えに似ている。
痛みが来る、緊張して体に力が入る、
体力を消耗しないよう、
深呼吸して、激痛を受け止め、受け流す、
そんな感じだった。

一人目の息子の時は、
よく分からなかった。
痛い陣痛が私の意志とは関係なく、
急に襲い掛かって来る、怖い!と緊張していた。
激しい痛みのコントロールは、十分ではなかった。

2人目の娘の時は、
陣痛っていうのは、
これは一時だけの激しい痛みで、
これに静かに耐えれば、
次は無痛の時間が来るから、
と悟ることが出来た。
いきむ時にパワーを使うから、
陣痛の波をうまく乗り切る、
激痛の時も、意識的に体の力を抜く、
体力は温存。

2人目の出産は楽だと言うが、その通り。
何事も経験だ。

今は体の痛みより、
心の痛み、ストレス、怒り不安。
知らず知らずに抱えていて、
それで体がガチガチに固まっていることがある。
それはそれとして、
生きるために必要な呼吸を忘れないこと。
無意識に身構えている体の緊張を、
ときほぐすことが大事。

そういえば、寒い時も知らず知らず、
体がかっちんこっちんにさせていることってある。
自分で意識していこう。
だって意味なく疲れちゃうじゃん。

久しぶりにパジャマの股間にカイロを貼りつけて、
就寝。
男性には不妊の原因になるから勧められないが、
女性の子宮に冷えは厳禁。
私はもう子宮はないが、
こんなダイレクトな方法が一番効き目あり。
ポカポカでグッスリ、就寝できた。






台所収納掃除

雨の日、連休。

洗濯ははかどらず。
台所のシンクやコンロ下、引き出しの中の掃除をした。

コンロ下、調味料や油類。油っぽい。
整理して拭き掃除。

引き出しの中は、
いらない物はほとんどないはず、と思ったけれど、
タッパー、古いジップロック、
古い水筒の取説など捨て。

引き出しの中は、
ボロボロの食べ物のカス?ゴミが出てきて。
結構汚れていた。

シンク下は鍋はボウルざるなど。
米びつもあるが、
たまに拭き掃除をしたりするので、
汚れはひどくなかった。

扉は、調理中にドバーッと何かをこぼした?
そういう汚れを拭き掃除。
最後にシンクの中を拭き掃除。

片付け掃除は終わっても、
あんまり変わり映えはしない。
ほとんど捨てるものがなかったからか。

その後、夕飯の支度をする時に、
あ、きれいになってる、と実感できた。
整理して良かった、と思えた。

綺麗になった台所で、チョコクッキーを焼いた、
おいしくできた。
綺麗だとやる気が出るね。

着るものがない!そりゃそうだ。

連日の雨。
冷えてきた。
着るものは秋冬に。
厚手で乾きにくい。

季節の変わり目に、服を買いに行こう、
と娘を誘ったのだが、
いらない、とつっぱねられた。

普通の子なら、
喜んでショッピングモールについて来るもんじゃないの?
コイツが行きたがるのはゲーセンだけ。
小学校時代に着ていた服は、
子どもっぽくて似合わない。
しかも、最近娘は太ってきた。
女性らしい服を買った方がいい。
この母心が何で分からないんだろう、不思議だ。

じゃあ、と私と兼用できるスエットのワンピを買ったら、
ワンピースは嫌い、だと。

そーですか、じゃあ、これはお母さんが着ます。
私は普通に似合うし。
ふーんだ。

お前みたいな太っちょのウエストを締め付けず、
お尻も入る、
コーディネートいらずのこのアイテムが嫌いなら、
何着るの?
ロングのパンツもダメ、ロングスカートもダメ。
下半身はLサイズ。
早めに買いに行かないと、
サイズがないよ。

ところが冷たい雨が降る日曜日、
文具を買いに行く、と私服に着替ようとした娘。
何着たらいい?だと。

昨日模試に行った時着た服はもう洗濯済。
厚手のニットやコートを着るのはまだ早い。

着る服ありませんけど?
こうなる前に買いに行こう、って言ったよね?
何で無視してた?

一緒に買いに行かないとサイズは分からないし、
勝手に買ってくれば、気にいらないとか言うし。
いい加減にしろ!

何だか無性に腹が立つ。
こうなるから、買いに行こう、と先に言ったじゃないか、
やっぱりこうなった。

昔虐待のサインは、
季節外れの服を着ている子、
だと何かで読んだことがある。
親は季節外れの格好はさせたくなくても、
子どもが無頓着だと、こうなる。
ボロボロやサイズが合わない服を着ている子もアウトと言うが?

こんなの親のせいじゃないです。
息子も穴の開いたパンツを平気ではいてるし。
親が恥ずかしいし、嫌になる。

私は中学生だった頃は、
親に服なんか買ってもらえなかった。
普段は制服で困らないけれど、
友達と出かける時に、
着て行く服がなくて、
恥ずかしい思いをしたことがある。

田舎だから、どこかに遊びに出かける時は、
ローカル線やバス代、交通費で、お金が吹っ飛ぶ。
車送迎をしてくれる親でもなかった。

それでますますファッションにはお金がかけられず、
私はセンスゼロで育ってしまった。
出無精になったのも、
ああいう経験があったからかも。

だから人並みにおしゃれさせてやろうと思う母心を、
踏みにじった娘の罪は重いと思う。
気付くと、
私はねちねち、嫌味を言い続けていた。
はあ、我ながら、嫌な母親だ。

娘の着る服に無頓着でも、神経質でも、
母親はよろしくないようだ。


プロフィール

ショコラウサギママ

Author:ショコラウサギママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR