FC2ブログ

体がなまる

仕事を辞めて、2週間は経つ。
太ももがほっそりしてきたような。
やせたわけでなく、
筋肉が落ちてしまったようだ、ヤバい。

昼間は娘の送迎と買い物に出かけ、
家事をするとやることはない。
座ってパソコン、寝転んで読書。
腰が痛くなるくらい、ゴロゴロしている、
動いてない。

体がカチコチになって来たら、
伸びをして、手足をブラブラ。

夜に軽いスクワット、
壁を使った軽い腕立て伏せ、
テレビを見ながらのストレッチ。
骨粗鬆症を防ぐかかとおろしや、
ひざ裏伸ばしや、きくち体操、
血管を広げるゾンビ体操、
あおむけ寝で手足をブラブラのゴキブリ体操、
便秘改善の腸もみ体操、椅子ヨガ、
ツボ押しやリンパマッサージ。
健康番組で紹介されている、
ありとあらゆる体に良いという情報を、
思いつく限り試してみるのだけど、
ま、足りないんでしょう。

新しいパートも見つかったし、
どうせこの生活も来週からは変わってくる、
そう思うと、今は何もしたくない。
ただ新しい仕事も、レジオンリーなので、
立ちっぱなしで体は動かさない。

朝、時間に余裕がある時は、
軽く体を動かす習慣をつけた方が良さそう。

ただ、息を詰めるような緊張感を
日常感じることはなくなったので、
必死で腹式呼吸、瞑想などで、
心を落ち着かせようとすることがなくなった。
仕事を辞める!ときっぱり決めるまで、
どうしてこの緊張感に疑問を持たずにいたのか、
不思議だ。

私は明るく、
なんでも思ったことは、
その場で言っている方だと思っていた。
そうじゃなかった。
意外と人の気持ちに気づきやすい。
合わせられるところは合わせるが、
それ以上を求められると爆発する。
夫の親、兄夫婦などそうではないか。
ご近所付き合いは、
そうなる前にスルッと何とか逃げられた。

仕事上も、要領良く動いていたつもりだが、
それも限界があると言うこと。
困っている人に気づいて、助けられないと、
気になる。
自分が困っていても、
周囲も余裕がないのがわかるから、
手伝ってと言えない。
人の目をかなり気にしていたのだなと。

きっと世の中には、
こういう風に気づかずに、
自分をギリギリまで追いつめてしまう人が、
たくさんいるだろう。
次の職場では、人に振り回されず、
自分の仕事に集中出来たらいいなと思う。
自分を解放できて良かった。
スポンサーサイト

縦のものを横に

先日の停電で、
夫の独身時代のアウトドアグッズが役に立った。
寝袋も見つけたが、埃だらけ。
埃を払い、ファブリーズをして、外に干す。
今後もいざという時使えるように、
きちんわかる場所に収納しておこう。

衣替えも途中で、寝室の収納は、
ごった返している。
元通りにしたら、寝袋は出しにくいし、
また埃まみれになってしまう。
どこか他に片付ける場所はないか?

娘の部屋のクロゼットは?

娘の部屋の収納は、
制服とバッグなどがかけてあるが、
最近は使わないものばかり。

ぬいぐるみや籐のカゴなど、捨ててしまおう。
ぬいぐるみは愛着のある品だが、
孫に使わせるには不衛生。
飾っておくには汚れすぎている。
籐のカゴはおしゃれだが、
他に使いまわせない大きさ。

他はシルバニアファミリーのおもちゃ。
思い入れがあって、捨てられない。
これは孫の代でもまだ遊べるだろうと。
カラーボックスを何度も動かして、
何とか収納。

ベットの下で埃をかぶっていた、
カラーボックスには、
仮面ライダーとか
マザーグースガーデンのおままごとの道具が入っている。

以前結構捨てたつもりだったが、
残りのものは、やっぱ捨てられない。
クロゼット内におさめようとしたが、
無理だった。
クロゼットの最上段は、
こういう今は使わない思い出の品を
保管すればいいんだけど、
重たいものは、
自然災害時に危険だろうから避ける。
これからもベットの下に放置。

おもちゃの冷蔵庫がしみだらけだった。
以前キッチンも捨てたっけ。
これも捨てるか。

ぬいぐるみのスペースが空いたので、
ここに夫のアウトドアグッズを納める。
高圧洗浄機もここにしまってある。
布団を干す時の布団はさみなどのグッズを置く。

こたつ布団や娘の寝具をたたんでしまう。
寝具は最近寒くなったり、暑くなったら、
自分で調節してもらうために、
各自の部屋に置くようにした。
もう使わない扇風機は片づける。

子ども部屋に親のものを収納しちゃダメと言うけど、
許して。
クロゼット内の娘の私物は、
本当に少ないことに気づく。
娘がファッション関係に目覚めないので、
意外と物が増えない。
その他は幼児時代から使っているおもちゃ類。
娘より私の思い入れが強く捨てられずにいる。

パズルのように、
物を納めては戻しを繰り返したので、
労働量のわりに、
縦のものを横にしたくらいで、
収納内は変わり映えしなかった。

物を動かして、埃だらけになったので、掃除。
ベットの裏も埃がすごかった。
娘はハウスダストアレルギーがあるのに、
ここで寝ていられるのがすごい。

息子の部屋のカラーボックスを、拝借した。
自動車学校のファイルや教材を捨てる。
また収集所に行かないと。
もっと家の中のゴミを集めよう。

のんびりした朝

晴れてきた、夏物のタオルケットを洗う。
片付けよう。
夏物衣類を二階に持って行く、
徐々に衣替えしないと、
寝室がゴチャついてきた。

予定はないから、
今日ものんびり家事を進める。
仕事が始まっても、
このリズムで良いと思うとうれしくなる。
朝一の仕事はない。
昨夜真っ黒黒のバナナを使って焼いたケーキが、
朝ご飯代わり。
腐る寸前くらいのバナナを使う方が美味しいケーキ、
残飯処理?

高校に入学した娘の送迎と弁当作りが始まってから、
キツクなってきた。
あわただしく仕事に出かけ、
またタイトなスケジュールの仕事が始まる。
帰宅して、ガーッと食事して、パタンと昼寝。

自律神経を整えるには、
ゆっくりのんびりと行動しましょう、
とテレビで先生が言っていたが、
こんな毎日では、とてもとても無理。

主婦やパートっていうのは、
誰かに合わせるという職業なのかと思う。
家族であったり、仕事仲間であったり、
お客であったり。

変わらない毎日に疑問を持たず、
気付かなかった。
せめて出勤時間が1時間遅かったら?
ずいぶん楽だということを。

無理すれば、まあなんとか出来る、
他の主婦もみんなやっていること、
そう自分を追いつめる必要なんかない。
今いる自分の場所に執着せず、
ドンドン変えていこう。
自分も変わる。

今いる場所に我慢して、
誰かのために変わらないといけないのは嫌だが、
(特に誰かさんのご機嫌取り、
 嫌な顔をされないための
 先回りの気働きは、やめる)
環境を変えると決断したのは自分なら、
あれ?違ったと思っても、
修正の為に前向きに行動できるはず。

仕事が始まったら、
夜の家事がきつくなる予定だけど、
食事の支度は昼間に前倒しで、
すんなり出かけられ、
帰宅後も困らないような手順や方法を考えていかないと。

今の暇な時間を、衣替え、
大掃除(年末やらなくてもすむように)に当てよう。
障子の貼り替えをしただけで、
がんばったなと満足している。
裏庭も珍しく雑草がなくスッキリ。
あと気になるところ。

衣替え
寝室ウォークインクロゼット片付け
カーテン洗濯
窓掃除
網戸修理
台所換気扇
床ワックスかけ
高圧洗浄機で外回り掃除

やることはたくさんある。
やればスッキリ気持が良いが、
やらなくても困らない。

フルタイム主婦なら、
家事をする時間は必然的に少なくなる。
どうやって両立しているんだろう、
と感心するだけなのだが、
自分だって、
働けるうちに働いた方がいい、
そう思う気持ちと、
不器用な私には、
この家事レベルを保って、楽に快適に過ごしたい、
と思う気持ち。
困るのは、どっちの考えも正解だってこと。

リストの項目は、一つでも減れば良しとする。




長電話の後に

朝、姉から電話。
仕事決まった?って話なんだけど、
決まってたら、
こっちから連絡しますって、トホホと。

仕事を辞めたいきさつと、
今までの求職活動について話す。

姉も同業者?
同じ系列のスーパーにいるので、
内情は良くわかっている。
あちらもどんどん残業カット。
姉も私と同じく仕事を覚えたら早いので、
収入も伸びない。

仕事ができない人、遅い人が、
得をするんだよねー。
仕事が出来て、早いと、収入は伸びず、
じゃあ、勤務時間を延ばすために、
他の仕事に手を出すと、どんどん負荷がかかる。
扶養範囲で仕事をしていれば、
やれる仕事だけは増え、時間は延ばせず、つぶれる。
どうせパートなのに、我慢することはない。

嫌なら次行こう!
もっと良い職場があるのではないか?
とあっさり行けないのは、やっぱ年齢?

他は姪っ子と派手に大喧嘩して、
テレビを壊して大出費と言っていた。
それは大変だー。
テレビ代は姉のへそくりから捻出したと言うのだから、
やっぱりお金はあるに越したことない。
自分の仕事の心配はどこへやら、
お姉ちゃんもコンビニかどっかでダブルワークしたら?
なんて話になった。

そんなところにキャッチホン。
何と、昨日面接したお店から。
店長が休みなので、
返事は最低二日かかると言ってたけど?
ダメなら早めにお知らせください、と言っておいたから、
ダメなのか?
と一瞬気持ちがしぼんだが、
なんと、採用!

やったー!!

一番最初の不採用に落ち込んでしまったが、
もっといいとこあるよ、
って神様が導いてくれたんでは?
と都合良く解釈する。

何せご近所のママ友達は、
この店で何年も仕事を続けているのだから、
待遇と居心地は悪くはないのではないか、
と先の嫌な予感も振り払う。

とにかく不採用では、
面目丸つぶれだったわけなので、セーフ。
姉にはすぐにメールした。

フリーな時間をどうして過ごす?

採用されるのか、されないのか?
選考にかかる時間。
モヤモヤと過ごすことになる。
何しろここが第一志望。
話を聞いて、今までの求人で一番条件がいい。
仕事や人間関係は始めてみないとわからないが、
とにかく時給が良いのは間違いないし、
研修期間は減額されるとも言われなかった。

だから次の求人に連絡もできず、
まずはあちらからの連絡を待つしかない。
今回は知り合いが多い職場、
それなのに採用されなかったら、
かなり落ち込む。
もしかすると、優等生ママが陰で私の足を引っ張った?とか。
そんな疑いさえ芽生えてきて。
今後の人間関係にも差支えそうな。

ここダメなら、
もう求職活動をする気力が出ない。
ダメな理由は、自分の中ではないので。

もしかして、ご近所奥さんみんな、
有名大学出身?
私の履歴書の学歴は
恥ずかしいもんじゃないのにと考える、
こんなつまんないプライドがまずい。

連絡が来るまで、フリー、
やることはない。
が、何をすれば?

折良く(悪く?)兄から実家の片付けの連絡があった。
来週平日。
今現在は予定がないので、OKと返事をした。
来月も設けるらしいが、
先のことはわからないと返信。

しかし、あっちから連絡が来るのは、
こんな雑用だけなんかーい!
と言いたくなる。
力仕事が多いだろうから、
午前授業がない息子にも手伝いをお願いした。
どうせいずれはやらねばらならない実家の片付け。
嫌な仕事はとっととすませてしまうに限る。
実家が解体され、なくなれば、
正月の集まりや法事がもっと気楽な形になるだろう。

さらにトイレのリフォームの見積もりは出た。
カード払いでも、支払うしかない。
我が家にとっては痛手。

こんな大きな出費があり、
しばらくはパート収入が途絶えるので、
のん気に遊びに行くわけにもいかず、
遊びに行くあても、
遊び相手もいないので、
ボケッと家にいるだけの私。
ネカフェもカラオケも、プールも行きたい気分になれない。

こんなに暇だと、
週末控えているご近所さんとの祭りの打ち上げが、
逆にいい暇つぶしになりそう。
今回の役員のメンバーは、
こちらが対応に困るくらいのコミュ障な主婦とか、
姑目線の意地悪タイプはいない。
地元民は、うるさいけれど、
カラッとしていて裏がないとも言える。

それまでには採用決定してると良いんだけど。

今日はそこそこ晴れているので、シーツの洗濯。
夕飯の買い物に出かけて、
後何しよう?
読書くらいしか思いつかない。


プロフィール

ショコラウサギママ

Author:ショコラウサギママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR