FC2ブログ

春の庭

暖かい一日になりそう。

シーツを干しながら、裏庭を見ると、
ハイ、雑草がにょきにょき生え始めている。

2週間ほど前、パパッと草むしりをした。
スゴイ量になった。

今日も庭に出て、一抱え分雑草を処分。
持てるだけ草をむしって、作業終了。

これくらいの作業は気持ち良く済ませられる。
特にこんな気持ちの良い日は。
私は花粉症ではないし。

庭いじりが趣味になれば、
かなり良いのだけど、
重労働になるだろう。
新居を買ったばかりでトライして、
あきらめた。

日当たりが悪く、風も強いうちの庭。
私はズボラでグウタラ。
夫は花粉症で外にも出れない。
キレイな庭はあきらめている。
スポンサーサイト

健康診断結果

今回の健診の結果はまだかな?
と待ち遠しかった。
若干の異常値(ホント、惜しい!)があったが、
特に問題なし。

やっぱり父方の遺伝だと思うけど、
血糖値が。
甘いもの、酒など断って臨んだ健診なので、
普段の生活だとアウトかも?
赤血球とヘモグロビンが高いのは、
何が困るのかわからない。

血圧もギリギリのセーフ。

胃のポリープも胃多発ポリープの疑い
→胃底腺ポリープの疑い、となっている。
増えたのか?悪くなった?

あと、体重が3キロ、ウエスト3センチ増。
体重の増減に一喜一憂しないけれど、
普段そんなに増減がないので、
油断していた。

健康に直結するのなら、やはり気になる。
3キロも太ったのは、
仕事で動かなくなったからか?
加齢からか?

数値だけ書かれてても、わかんない。
異常なしの次が心配なしで、
その記載が、
ドンドン進んだらどうしよう?と不安になる。

メタボではないし、乳がんも卵巣がんもOK。
来年はエコーを受けた方がいいのかも。
お金かかるかもしれないけど。

こんな健康上の不安をやたら感じるのは、
以前は自分が若かったからと思うが、
最近悩みがないからかなと思う。
父が亡くなったのも。

親の遺伝で、
ガン体質、精神的な不調を感じやすいのだと。
将来が不安になってきた。
健康な老後、過ごせるの?と。

季節の変わり目か、年か、
初めてアトピーっぽい、
かさつきが二の腕に出来たのもびっくり。
以前、ママ友に見せてもらった症状に似ていた。

皮膚の一部が他と全く感触が違う、少し黒ずんでいる。
軽いかゆみがあったのも、
気になったけど、
ワセリンを塗って、なるべく触らないようにした。
原因はわからない、二の腕に刺激?ないよね。
ボディーソープも使わないし。

体質も変わる。かさつきが広がらなくて良かった。

悩んだ割に、夕飯後にぼたもちを食べたりして、
反省はない。
酒量も減っているのは、良い傾向で。
酒を飲むと、食欲が増して、甘いものも食べてしまう。
食事は噛んでゆっくり食べなきゃー。

休日の家事

家電は使いこなせれば、
便利なものだ。
光熱費など、もうケチケチ考えない。

花粉症対策で室内干し、
乾燥機を使うのが普通になった。
洗濯は断然楽に。

外干しを、
夕方取り込むという作業がなくなる。

台所布巾も迷わず、
漬け置き洗い、乾燥コースで、
一晩でまとめ洗いしている。
一気に乾かせば、衛生的だと。

室内干しは、
2階の寝室に干せば、みっともなくない。
厚手のものは、
リビングにぶら下がっていることもある。

とは言え、
洗濯物をたたんでしまってくれる家電がないので、
今日は、
山のような洗濯物を所定の場所に片付ける。

うちはパジャマ下着は、たたまない。
ひっくり返ったものもそのまま、
家族別の収納に押し込むだけ。
休日は、たたむ衣類の片付けをがんばる。
靴下の神経衰弱、イライラするわー。

休日はいらないものを追い出す。
ゴミの日ならゴミを出す。
古新聞を、ホームセンターの古紙に出すので、
まとめる。

名もなき家事をこなすのも、休日。
ハンドソープをケースを洗って、
詰め替えたり、
買ってきたゴミ袋に全部名前を記入して、
片付けたり。

墓参りに出かける前に、さっとトイレ掃除、
墓参りの後は、雑貨屋を見に行って、
ドラッグストアで買い物。
帰宅して、昼食後、掃除機かけをした。

今日は調子良く動ける。
そう言えば、
ぐうたらと全く動かない休日もあったっけ。

親の借金

小室さんのことが報道される時、
大きなニュースがないんだなと思う。

先日はコメンテーターが、
これは小室さんでなく、
小室さんのお母さんの借金問題なんですよね?
と言っていた。

そう、親の借金を子どもが代わりに負う義務はない。
それを子どもの教育費に充てたとしても。
当時大学生だった小室さんが、
自分の母親の結婚や借金について、
詳細に知ってるわけないと私は思う。

それに、内縁関係で借用証明書がないなら、
この援助は借金でないし、
このケースで、元婚約者は借金回収するのは難しい、
と言うのが法律的な見解。

だから、小室さん親子は、
法律的にはお金を返さないといけない理由はない。
ただ、現在、経済的に困っている元婚約者の現状に、
世間は同情している。

問題になっているのは、
道義的な問題、それに尽きる。
それを解決するのに、
金銭が必要になるかもしれないってことだ。
でもそんなお金が、この親子にあるのなら、
そんなことしてないって。

眞子様の弟はいずれ天皇になるのだ。
義理でも天皇の兄にあたる人の母親が、
こんなことをしていて良いのか?と。
そりゃ、お世辞にもふさわしいとは言えない。

小室さんの来年の学費はどうする?と報じていたが、
小室さんのお母さんは、
どうやって暮らしているんだろう?
パートの仕事もできないだろうし。
不思議だ。

この金銭感覚では、1億円の持参金なんて、
あっという間に使い尽くされてしまうだろう。
サラリーマンの生涯年収は、
3億円だと聞いたことがある。

普通の生活をするのだって、
意外と金がかかるものだ。
元皇族として生活するのだったら、
どうなることやら。

国民が納得する形で解決しろ、
と言うのなら、
個人間のお金のやり取りより、
内縁関係にあったのなら、
母子扶養手当の不正受給や、
贈与なら、贈与税は?って方が私は気になる。
ノータッチなのは、やっぱ秋篠宮家への配慮?

この話題をテレビで特集するたびに、
夫の母は見ているだろうか?
と私は意地悪な気持ちになる。

新婚当初、残高ゼロの貯金通帳を渡された。
それからも、
義母の金銭問題はボロボロ出てくる出てくる。

子どもの借金でなく親の借金でも、
結局苦労をさせられる。
新婚時代、義母に対して、
良い嫁ぶった私のせいもある。
兄弟の中で、
長男である夫ばかり負担しているのも、納得がいかない。

一番残念なことは、
それが原因で義母に対する不信と不満が募り、
どんなに気の良い人でも、
腹を割ってつきあえないと、
きっぱり線引きしないといけなかったことだ。

傍からは、
私が義母を急に距離を置いた理由はわからず、
冷たい嫁だとしか思われていないかもしれない。

小室さんの母親がパッシングされるたび、
自分と世間の常識が同じことに、
ホッとさせられている。

お金は、もう返しました、これでいいでしょう、
ではないのだ。
道義的な問題、信用問題。

眞子様なら、義理の母を全く無視して、
結婚生活を営んでいくわけにもいくまい。
小室さんは母一人子一人の母子家庭なら。
なおさら。

表だって、義母の愚痴は絶対に周囲にこぼせず、
義理の母の存在を全く無視もできない。
なんて不自由な身分だろうと、
案じずにはいられない。

好きな同士が結婚するのがなぜ悪い?
コメンテーターは言っていたが、
恋愛ではなく、結婚なのだ、
生活は続くのだ。
愛情だけでは無理。

眞子様の場合、生活レベルを下げまくって、
全くの庶民になり下がるのも、許されない。
全くの庶民の生活とはどんなものなのか、
若いプリンセスにわかるはずはないが。

彼岸の入り

レジで山のような仏花を買う男性。

明日は彼岸の入りだから、
墓参りに行かないと…、と。

そうか、春の彼岸だ。

お天気も良さそうだし、
暖かいと良いですね、
私も行かなきゃ、と思わずつぶやくと、
そうだそうだと、うなづくおじさん。

それにしてもすごい量のお花。
支払いは数千円はしたが、
全部お墓に供えるのか?
仏壇とか、
他にも供えるところがあるんだろうか。

墓参りは寺にも挨拶に行くとか聞いたが、
私は行かない。
住職夫婦が俗物すぎて苦手。
顔を合わせたくない。
手土産も必要と聞いたが、
何持ってっていいのか、わからないし。
不経済。
そちらの付き合いは、
兄がしているものと勝手に見越してスルー。

実家の仏壇もお供えなどないだろうが、
父が倒れていた時から、
一人で入りたくなくなった。
兄は父の一周忌に仏壇をたまぬきして、
自分の家に持って行くと言っていたが、
結局それはしないでそのまま。
仏壇は放置されているが、
それでいいのかどうなのか、わからない。

明日は休みだ。
兄一家や叔母は、
普段墓参りなどしてるかどうか知らないが、
彼岸当日に顔を合わせるのも嫌なので、
明日行くことにする。

生きている頃の父に会いに行くより、
墓参りは断然気楽だ。
生きている人たちに会うのが、
どうしてこんなに億劫なのか。
なんか面倒くさいことを言いつけられるのでは?
と警戒しかしていない。

こんな私を御先祖様は、
温かく見守ってくれるだろうか?
あまり期待しない方が良さそうだ。
プロフィール

ショコラウサギママ

Author:ショコラウサギママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR