姉に本音を語る2

先日の姉とのメールのやり取りは、
深夜に及んだ。

電話した方が早い?とも思ったけれど、
際限なくなりそうで。
姉の文章は主語がなくて、
ちょっと意味がわからないところもあった。
姉も私の長文メールを理解してくれているか、
わからない。

最後は携帯の電源を切って、就寝。
姉に本音をぶっちゃけて、
良かったのか、悪かったのか、
わからなかった。

昼間に姉からメールがあり、
兄に電話して、これからは姉の方に連絡するよう、
言ってくれたのだと。
次の私の付き添いの通院日も行くよ、と書かれている。
正直びっくり。
そこまでやってくれると思ってなかったんで。

慌てて姉に電話をかける。
姉も医大病院に行き、
その次の日も連続で予約が入っているから、
無理しなくていい。
父の介護認定の手続きに市役所に行く、
兄から書類も預かっているから、
こちらは予定通り私が行くから、と。

姉が兄に私が文句ぶっこいていることを、
やんわり兄に伝えたそうだが。
兄は私にだけ用事を言いつけている感覚はないらしい。
それが怖いっての!
無意識がさぁ。

何事も私に相談しようと思って、
と連絡してくるが、
相談ではなく、私がやるが前提だ。
それが腹立つ。
相談なんか、聞きたくもないわ!
一番先に聞いた私がやる、それで任務終了。

あと兄は知らないだろうが、
ヘルパーからの電話が嫌。
父の悪い状態を聞いたところで、
どうしたら良いのかわからないし、
急に連絡が来るとドキッとする。
ケアマネも私に連絡してくる。
これは何の用事だろう、とドキドキする。
私に嬉しい知らせは絶対ないので、
着信拒否したいくらい。

だから兄からの連絡は、姉が引き受けてくれて、
丁度平等かも?

でも姉に連絡がいくにしても、
大変だよ?
私みたいにムカつくし、嫌になるよ、
と予言はしておいた。

それに父の食欲不振は、嫌な予感がしている。
父のがんは手術をしていない、
抗がん剤や放射線治療で、見えなくなった、
という状態で退院している。
転移や悪化?
姉が付き添う医大病院で何を言われるか。
また入院などにならなければいいが。
それによって姉はまた自分が雑用を負いかねないことを、
予測しているのかどうか?

まあ今から考えても仕方ない。
兄嫁とのことで苦手になった、
兄の間のクッション代わりに姉がなってくれた。
感謝しかない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ショコラウサギママ

Author:ショコラウサギママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR