荷作り

息子がバイク免許の合宿に出発。

洗濯はできるそうだが、
買い足すものはないか?
あらかじめ確認した。
当日いきなり言われても困る。

ちょうど休みの日だったので、
送迎も必要ないか?
確認。
いらないそうだ。

当日の朝、ジーンズ2本を洗濯機にかけて、
あ、と気づく。
着替えのジーンズがないんでは?
今日はいて行くのがないんでは?
息子の私服は少ない、欲しがらないから、
今年は買っていない。
息子が昨日朝帰りをしたから、
ジーンズの洗濯が出来なかった。

確認すると、あと2本ジーンズはあるらしい。
ジーンズは合宿中洗濯しない方がいい、
と息子に言った。
私はパジャマも服もタオルも一度着たり使ったら、
すぐに洗濯するが、
息子もその感覚が当たり前だと、
厚手のジーンズは天気が悪いと乾かないし、
乾燥機にもかけられない。
有料のランドリーなら、毎日洗濯は不経済。

パンパンに詰め込まれた荷物、
タオルは?靴下は?シャンプーはある?
洗濯用の洗剤は?
心配で、つい確認。

バスタオルでなく、
かさばらないフェイスタオルを
複数持って行った方がいい。

高校の修学旅行も私がパッキングした。
準備しない息子にイライラした。
息子が全部やれば、楽だ。
しかしこれが本来の形かも。

大学受験の時もイライラと急かしたりしたが、
息子自身がやりたいと決めたことは、
とんとんと自分で動けるみたいだ。
バイクの保険なども、
分からないところは友達から聞いたり、
情報を集めている。

何で子どもに急かすかと言えば、
急にあれが欲しいとか、こうしてほしい、
と言われても自分が対応できないからだ。
先に言え―!ってなる。
自分は何もしない、と考えていたら、
こんな焦りはないはず。

高3の進路も、地元大学じゃなくて、
他の都市部の大学に行かなくていいのか?
焦ったこともあるし、
今の大学で良かったのかな、妥協させてしまったかな、
と考えてしまうことがあるが、
本人は特に強く望んでいなかった、と今気づく。
経済的な事情で、自宅通になってしまった、
と私は考えているが、
息子がどうしても、強く望んで努力したら、
反対はしなかったはずだ。

今の大学は決して威張れる大学じゃないが、
楽しそうに学生生活を送っているし、
家計はなんとかなっている。

何も考えなくていい、何もしなくていい、
親は子どもが困ったら、助けてあげるスタンス。
当たり前だが、楽だ。

洗濯洗剤と夫の電動髭剃り、
風呂用の使い捨てスポンジを渡したが。
見送った後、気がつく。
洗濯できても、干すハンガーがあるのかな?と。

もう遅い。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ショコラウサギママ

Author:ショコラウサギママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR