現実のミステリー

今更だけど、紀州のドンファンって?

殺人事件なのに、
アッコにお任せで笑われていて。
悲惨な事件の中、やっぱり異色だ。

この状況だと、殺されても仕方なくない?って。
派手に嘆き悲しむ遺族もいない。
新幹線内の通り魔事件、
闇サイト殺人とか、幼児虐待とかと違って、
自分も家族も巻き込まれる心配のない事件だからか。

だから最初は、可哀想な老人だなーと、同情した。
しかもお金持ちっていう割に、自宅がしょぼい。
レポーターも、外観と違って、
家の中は(豪華でない)、って言ってたし。
田舎なんだし、もっとドーンと大きい家ではないの?
まあ老人一人で住んでるなら、
スペースは十分かもしれないけど。

大金は、女性につぎ込んでるから?
変な趣味の塀に、狭い庭。
隣宅の境目に竹みたいなのが植えてあったのは、
目隠しか、防犯か。

自宅内装も、高価な絵画が飾られてるのに、
それをぶちこわす、けばけばしい趣味の壁紙。
散らかっていて、やたら所帯じみている。
生活臭プンプンの、おじいちゃんちみたい。
ご本人の服装も。
エルメスの100万のスーツが、とっても悪趣味。

いかにも成金。わかりやすいキャラクター。
20代のモデルの奥さんも、
普段は別居しているらしく、
主婦の役割は果たしていない。
トロフィーワイフ、
じいさんのアクセサリーみたいなもん?

若い妻はじいさんの身の回りの世話やら、
服のセンスを正せるような、
賢い人ではないみたいで。
さすが、現金をばらまいて、
仲介者からの紹介で、
寄ってきた女の中から、選んだだけある。

が、彼の自伝では、
恋人に空き巣の被害にあっても、
強盗なんかに襲われていても、
平気なのだと。

こんなバカがいる、と笑ってほしい、
とこの文章は、
ゴーストライターが書いたのかもしれないけれど、
本気で本人が思っていたのなら、本物だ。

自分の老後が心配で、
介護や家事を求めて婚活する高齢者より、
マシ。
配偶者に希望するのは、
優しくて、料理上手な人がいいとか、
そんな条件はなく、若さ美しさだけ。
でも普通の婚活じいさんも、
自分の身の回りの世話をしてもらうには、
結局健康で(自分より)若い女性が都合がいいわけだし。
図々しさから言ったら、
こっちの方が勝っているのでは?
と私は思う。

お金はあげるし、
家事はしなくていいですよ、
若妻の労働を求めない、
ドンファンの結婚はすがすがしい。

ただ次、また気になる女性が出現したら、
現妻とは離婚、
ととっとと乗り換えるらしい。
でも一生こんなじいさんの道楽に付き合えるわけないし、
自分の若さ美しさも、いつかは色あせる。
そうなる前に、
一定期間大金を巻き上げたら、女性も満足だろう。

こんな男って、バカだな、
だから、ろくな死に方、しないんだなと。

莫大な遺産を相続するであろう、
若い妻も、うらやましくない。
大金に目がくらんで、この人にも、
悪い人が寄ってくるんだろうなぁと。
一生、事件と関係があると、
疑われるんだろうなぁと。
若いのに、お気の毒なことだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ショコラウサギママ

Author:ショコラウサギママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR